スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都マラソン 当日

そして当日。

泊まったホテルもランナーだらけ。

阪急の駅に着くとこれまたランナーだらけ。

電車も満員で、西京極に着くと競技場まで長い列。

1万5千人以上の大会に出るのは初めてなんで、人の多さに圧倒されます。20150215181818ef2.jpg

人込みをかき分けかき分け、なんとか手荷物を預け競技場内へ。

天気は天気予報に反して怪しい空。20150215182008011.jpg
日が差していないので肌寒い。
スタートまで30分以上、寒くてトイレも近くなりますがトイレも長蛇の列。
今回からスタート待機時にいらないフリース等を羽織ってくれば、スタート前に回収してくれるサービスを始めたらしいけど、寒くならない予報だったので持ってきておらず、ビニール袋を被って寒さをしのぐことに。
ちなみに回収はスタート前に、スタートブロック各エリア入口に設置されている箱へいれます。

そして9時にスタート!

競技場を出て嵐山方面へ走ります。

沿道ではたくさんの人々が。

愛媛マラソンで左太ももを痛めたので、調子に乗らないようにペースを落として走ります。

広沢池を過ぎたあたりから上りが始まります。

上り始めて1km、左太ももに痛みが出始めました。

トイレ休憩も兼ねて一旦止まり、軽くマッサージをして再スタート。

お坊さんが応援してくれる仁和寺の前を通り
20150215182030512.jpg
龍安寺方面へ。

15kmを過ぎたあたりで雨が降り出しました。
愛媛に続き雨に見舞われます。

20kmあたりまではアップダウンが続きます。

左太ももに負担をかけないように走りますが、段々と痛みが強くなってきました。
15kmを超えたあたりから以前痛めた左足首も痛くなり、かばって走っていると右足にも違和感が。

20kmエイドではボランティアスタッフのMさんに声をかけていただき、補給色を渡してもらいとても元気がでました。

しかし、25km過ぎからまた痛みが増してきて、
途中、京都植物園内を通りますが、痛くてあまり景色を覚えてません。(>_<)

賀茂川河川敷でまた立ち止まりマッサージをして再スタート。

一旦、雨も上がったと思ったらまた降ってきました。
走るスピードがかなり遅いので、走っていても寒いです。

京都御所の前を通り折り返して市役所へ向かいます。

市役所ではエイドに八つ橋があったのに、走ることで精一杯で痛恨の通過。(・_・;)

京都大学の近くを通り今出川通りへ。

2kmほど緩やかな坂が続きますが、これがボロボロの足にはかなり辛い。
そのうえ、右足のマメがまた潰れてしまい追い打ちをかけます。

そして残り1km、
たくさんの方々が沿道で声援を送ってくれますが、もう前に進むのがやっと。
どんどん抜かれていきます。

そして角を曲がると正面に平安神宮の大鳥居。

そして、なんとかゴール!
201502151821281d8.jpg
2戦目も無事に戻ってくることができました。(^_^;)

元気そうにポーズをとってますが、この後は足が痛くて移動するのにかなり時間がかかりました。

あいにくの天気と足の痛みで辛かったですが、沿道でのたくさんの応援と観光箇所を周るコースで楽しむことができました。

また、たくさんのボランティアの方々が大会に携わっていて、みなさん笑顔で励まして下さり元気がでました。

京都も主要なところを走らせていただき、大会関係者・ボランティア・京都市民の方々には感謝です。20150215182203585.jpg
20150220221757b60.jpg


ありがとうございました!\(^o^)/





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なべくま

Author:なべくま
広島県東部の備後地方に住んでます。
カープファン・草野球歴ともに数十年。
2011年からはロードバイクを始めてしまなみ海道を中心にいろんなところを走ってますしたが、2012年からはラン・2013年からはスイムを始めて、現在トライアスロン出場・完走を目指して奮闘中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
4567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1273位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。